トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転を考える

雨の日の運転について

投稿日:

雨の日の運転について

 

雨の日の運転。雨の日は路面が濡れていて、視界も悪いから、スリップ事故には気を付けようと良くいわれますよね。

まさにこの通りなのですが、他にも気を付けた方がよいことが色々とありそうです。一つ一つ確認して見ます。

濡れた路面

まず雨が降ると路面が濡れます。濡れた路面は滑りやすい(摩擦係数が低くなる)のは当然です。

しかしながら無理なハンドル操作、無謀な速度超過などをしなければ、そうそう簡単にスリップを生ずることはありませんが、逆にいえば、スピードオーバー、急ハンドル、ブレーキなどで簡単にスリップを生ずることもあるのです。もちろん停止距離も長くなります。

タイヤの点検は日常点検の範囲として励行したいものです。タイヤは地面と唯一接する部分です。磨耗していると、普段でもトラブルの原因になりやすいのに、雨が降った日には一段と不測の事態が起きかねません。

特に雨の降り始めの路面、排水溝の鉄蓋、鉄網、マンホール、工事用の鉄板の上などは、本当に簡単に滑ったり、スリップします。

また深い水溜りなどを通ってしまった場合、ブレーキディスクやブレーキドラムに水が付着したり、水が入ったりするため、一時的にブレーキの効きが悪くなることがあるので十分注意が必要です。
止まることができず、前車に追突する恐れがあります。

カーブ走行では、カーブの途中でブレーキングするような走り方はやめた方がいいでしょう。カーブの途中でスリップしたらハンドル操作も難しく危険です。

濡れた路面を走行するコツは、いつもの速度の1割減と十分な車間距離、急な行動はしないことです。

視界の悪化

雨で濡れたフロントガラスは光の透過率が悪く、視界が悪くなります。雨の状況によっては、夕暮れ時のように暗く感じることもあります。

雨の日の視界の悪さは周囲のみんなに共通していて、他の車も自分と同じように見ずらい訳ですし、歩行者は傘をさしているので非常に視界が悪い。自動車も歩行者も死角となる部分が多いので晴れの日より格段に状況を判断する情報量が低下していることを認識し、細心の注意を払って走行することが必要です。

ちょっと暗いと感じるなら、早めにヘッドライトを点灯することです。視界の確保と相手に自分の存在を知らせるためにも、早めの点灯がより安全運転につながります

ワイパーは常に整備しておくべきです。ワイパーのブレード部はゴム製品なので、使用経過とともに劣化して水滴を除去しづらくなり、雨の日の視界確保が困難になります。
ブレード部分は簡単に交換できるのでゴム部分が減ってきたら早めに交換することです。
雨の降り始めにワイパーを使って、拭き残しやギラ付きが残る場合は、窓ガラスの油膜が原因。カー用品店で窓ガラス専用の洗浄剤や油膜取りが有効です。

また、車内のウィンドウエリアも湿気で曇りがちです、エアコン、デフロスター、リヤデフォッガーなどを活用して、曇りを取りましょう。カーエアコンは効果的で冷暖房以外に除湿機能もあるので、一年を通して有効に活用することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転を考える

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.