トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転コラム

危険運転致死傷罪が認められました。

投稿日:

危険運転致死傷罪が認められました。

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、「あおり運転」で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて、ご夫婦が死亡した事故、、今月10日に論告求刑公判が横浜地裁(深沢茂之裁判長)で行われ、検察側は「常習性も顕著で、安心安全な自動車社会の実現のためにも、被告の行為は決して許されない」として、懲役23年を求刑しました。

本日、裁判員裁判で、横浜地裁は「危険運転致死傷罪」の適用を認め、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡しました。

この裁判、焦点はこの「危険運転致死傷罪」が適用されるかされないか、ココが最大のポイントでした。

自動車運転処罰法では、危険運転の要件を「重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」としている。

あおり運転から停車させるしかない状況の中で、停車後に起きた一連のこの事故。

停車後の事故に危険運転致死傷罪が適用できるかどうか、、予備的訴因に監禁致死傷罪を追加していたことからも分かるように、危険運転致死傷罪で起訴した、原告検察側の大きな賭けでもあったと思います。

この複雑に絡みあった、前例がない事故、、どうしても、被害者側の感情に立ってしまいがちであり、公平性の観点からも、この裁判の裁判員を務めた6人方々も苦悩したことでしょう。

この判決には、様々な意見や反論、感情が大きく渦巻きます、、罪状が妥当なのか、、個人的な感情論、お二人の命を直接に奪った罪は、、刑期は妥当か・・・

しかしながら、これほど社会問題化している「あおり運転」、「あおり運転」による事故は、危険運転致死傷罪を適用することが出来ると考えた今回の判決は、一定の評価をしても良いのではないかと私は考えます。

これで「あおり運転」が無くなるわけではないでしょう。

だからこそ、悲惨で悲しいこの様な事故を繰り返さないために、お互いは、あおらない事はもちろん、あおり運転をさせないような運転を心がけて行くことが大事なのです。

裁判では、停車後に起きた事故に危険運転罪を適用できるかが争点となった。危険運転の罪の要件は「重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」で、判決は4度の妨害運転を危険運転と判断。停止させたこと、暴行したことを一連の行為と捉え、「事故発生の危険性を現実化させた」と指摘して、被告の運転と事故発生との因果関係を認めた。

深沢裁判長は、被告の一連の行為を強固な犯意に基づく執拗(しつよう)な犯行と指摘し、「常軌を逸している」と非難した。量刑は「家族旅行の帰りに突如、命を落とした被害者の無念、両親を失った遺族の悲しみは深く、厳罰を望むことは理解できる」と述べた。

引用元 毎日新聞

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転コラム

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.