トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転を考える

悪天候の高速道路

投稿日:

悪天候の高速道路

 

高速道路の安全運転で注意したいのが、悪天候時の高速道路の運転。

まずは雨の日。基本的には雨の日の運転の注意事項と同じですが、特に注意したいのが、雨天時の高速道路でスピードを出し過ぎると、大雨で路面に水がたまっている場合など、タイヤは水を押し分けて回転することができなくなり、路面にできた水の膜のうえを水上スキーのようにタイヤが滑走して、ハンドルもブレーキも効かない「ハイドロプレーニング現象」が起きる場合があります。

この現象怖いのは、ハンドルもブレーキもまったく効かなくなるところ。この恐ろしいハイドロプレーニング現象を防止、対処するには

・タイヤの磨耗に気をつける。

これは何もハイドロプレーニング現象を防止するためではなく、普段の日常点検としても気をつける必要があります。特に高速走行でタイヤが磨耗していると、バーストの原因にもなりますし、スリップ事故を起こしやすい。

・タイヤの空気圧のチェック。

指定された空気圧が満たされているかどうか、日常点検としても気をつける必要があります。タイヤは地面と接する唯一の部分。きちんとチェックすることが安全運転の第一歩。高速走行時は指定された空気圧より高めに設定することを、おすすめします。

・晴れた日よりも速度を落として走行。

・水のたまりやすい「わだち」部分を避けて走行する。

・ハイドロプレーニング現象が起きてしまった場合は、あわててハンドルやブレーキを操作せず、両手でハンドルをしっかり押さえてエンジンブレーキで速度を落とし、タイヤとの回転摩擦を回復するしかありません。

雨天時の高速道路では規制速度を守り、スピードを抑える運転と日頃の日常点検がよりいっそう重要になってきます。

風が強い・霧が濃い

高速道路は一般道より上に建設されている場合が多いので、強風などの場合比較的に影響を受けやすいですよね。特に橋の上、切り通しなどのふきっさらしの部分、トンネルの出口など、思わぬ強風を受けることがあります。

強風の場合は、高速道路の注意を促す電光掲示板などで確認し、強風の影響を受けやすい場所ではあらかじめ速度を控えめにして、不測の事態が起きても対処できるようにしておくことが、大切です。

濃霧の場合は、前が見えません。これは速度を落とすしか方法はないのですが、あまりにも速度を落とすと後続車の追突を誘発する原因にもなるので注意が必要です。

私も何度も経験がありますが、フォグランプを点灯し、後続車に気をつけながら速度を落としての走行しか方法はありせんでした。

あまりにも前が確認しづらい場合は、パーキングエリアなどで退避して、安全が確認できるまで走行しないのも、一つの方法です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転を考える

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.