トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

事故が起きた場合の基礎知識

交通事故の基礎知識 まずは、冷静に

投稿日:

交通事故の基礎知識 まずは、冷静に

交通事故を起こし自分が事故の当事者になってしまったら、突然のことで動揺してしまう人が多いのが現実です。

私も多くの事故現場に立ち会ったこともあり、また恥ずかしながら事故を起こしてしまったこともあります。

突然事故を起こしてしまうと、動揺してただ慌てているだけの人、突然のことでボーッとして何をしていいか分からなくなる人、ヒステリックになってしまう人なども見かけました。

あまり考えたくないことかもしれませんが、誰にでも事故を起こす、事故に合う可能性は否定できません。

誰でも、悲惨な現場を 目の当たりにすればたじろぎ、責任の重さを感じ、狼狽したりするものですが、そのときの迅速で的確な対応が被害者・加害者の生死を分け、その後の人生を決定づけてしま う可能性が高いのです。道路交通法でも、交通事故によって人が死んだり、負傷したり、また物が破壊されたときには運転者やその他の乗務員がただちに適切な措置をとるように定められています。

まずは気を落ち着けて、あせらず必要な処置をすることが肝心です。また交通事故を起こした場合相手に対し、誠意ある対応を尽くすことが、その後の解決を早める上で最も大切なことです。

もしもの時の自分の行動をイメージしておくことも迅速(じんそく)な対応の鍵となります。

あせらず、次のことを実行しましょう。

  1. 第一に、けが人を救護する
  2. 事故状況を確認し、事故車両を安全な場所に移動し、二次事故を防止する
  3. 必ず警察へ届け出る、保険会社等に連絡する
スポンサードリンク
スポンサードリンク

-事故が起きた場合の基礎知識

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.