トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転コラム

車間距離は本当に大切です

投稿日:

車間距離は本当に大切です

車間距離は大切ですと、このサイトでも何度も呼びかけてきました。しかしこの車間距離、時として奪われてしまうことが多いのです。

奪われてしまうとはどういうことか?

交通量が多い二車線あるいは三車線道路の走行時に、車間距離をとって運転していると目に付くのが速度が遅いレーンから早いレーンに移るために、自分の車両の前方に割り込む車です。

まぁ割り込むというのは適切な表現ではないかもしれませんが、遅いレーンから早いレーンに移るために追越するのなら、追い越す車線の車両の車間距離を奪わない追い越をするべきです。

適正な車間距離を保っている車両間に無理な割り込みはやめた方が良い。自分の都合で適正な車間距離を保っている車両の車間を奪うことは危険です。

特に大型トラックやトレーラーなどの非常に大きく、重い荷物を配送するトラックは、止まるのも大変です。

大型トラックやトレーラーのドライバーは、乗用車が取る車間距離よりさらに大きな車間距離を取ります。このため他の車両が割り込めるスペースが大きいため、簡単に割り込みをしてきます。

でもこれは、大型トラックやトレーラーのドライバーから見ると非常に困りものなのです。先程もいいましたが、大型トラックやトレーラーなどは止まるのが本当に大変です。

追突しないため安全に停止するまでに車間距離を上手に使い、離れた距離から徐々に速度を落としながら安全に停止します。

その安全に停止するための生命線、車間距離を簡単に奪うような運転は避けるべきです。

さらに危険なのは、信号で停止する用意をしながら走行している車両の前へ割り込むことです。これは追突事故につながる恐れ大です。信号と相手車両の車間距離を奪う行為も厳禁です。

速度が遅いレーンから早いレーンに移るために追い越ししたいのであれば、交通状況をきちんと見極め、他の車両の車間を奪うことがない状況まで追い越しを我慢するのも安全運転の基本です。

また渋滞中なども割り込みされたくないために、前車との距離が短いのが目立ちます。このような場合もし後ろの車に追突されたらどうでしょう?多重追突になる可能性がありますよね。渋滞の最後尾などは、なおさら危険です。

信号待ちや渋滞時に停車するときも、前車との車間距離を取るのは大切なことです。私は、信号待ちや渋滞時に停車するときなどは、追突されることを前提に前車との車間距離を取り、追突されても被害が少なくなるような距離を取るようにしています。

安全運転には車間距離をきちんと取って走行するのはもちろんですが、相手の車間距離を確保してあげることも大切なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転コラム

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.