トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転コラム

信号の死角

投稿日:

信号の死角

前方に背の高い箱型トラックが走行していて、自分の車両が箱型トラックを追走して道路を走行している場合、そのまま交差点に進入した時に直前になって信号が赤であったため急ブレーキで停止または、ブレーキが間に合わず信号を無視した経験はありませんか?

これは前方を走行する箱型トラックの箱の高さと、箱型トラックとの自車との車間距離と、信号の位置や高さの関係で交差点に進入する直前まで信号が、箱型トラックの箱のため死角になり見えないのです。

これは非常に危険で、前方を走る箱型トラックが交差点を黄色から赤に変わるような場面でそのまま直進した場合、後方を走る車は赤信号で交差点に進入してしまう危険性があります。

この信号の死角を防ぐには、前方を走る背の高い箱型トラックとの車間距離を十分に取る必要があるのですが、信号の位置関係では一般的に十分と思われる車間距離を取っていても、信号の死角が発生してしまう場合もあります。

このような場合は、他の信号に十分注意を払うことです。前方の信号が見えないのであれば、歩行者専用信号で信号の変わり目を捕らえたり、左右信号で信号の変わり目を捕らえれば、前方の信号が見えなくても予測が立てやすく速度調整することもでき、赤信号で交差点に進入することもなくなります。

また、青信号をそのまま信用するのも注意が必要です。信号が青になってもすぐに飛び出さないことで、青信号になってもまずは左右の確認だけはしておいた方が無難です。信号無視で通過する車や歩行者などがあることも、頭に入れておきましょう。

夜間で交通量の少ない交差点では、信号が点滅式になっている箇所があります。この場合、片方が黄色点滅、もう一方が赤色点滅になっています

黄色の点滅信号は、歩行者及び車両等は、他の交通に注意して進行することができることであり、赤色の点滅信号は、歩行者は、他の交通に注意して進行することができること、車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと、と規定されていますが、何せ夜間なので(夜間の無謀運転はやめよう)堂々とこのルールを無視する人もいます。

黄色信号の点滅なので自分が優先だと思わずに、しっかり確認するのが肝心です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転コラム

Copyright© トラックドライバー日報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.