トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転を考える

空走距離と制動距離と停止距離の関係

投稿日:

空走距離と制動距離と停止距離の関係

車は急には止まれません。停止するまでには、運転手が危険を感じてからブレーキを踏み、ブレーキが実際に効き始めるまでの間に車が走る距離(空走距離)と、ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離(制動距離)とを合わせた距離(停止距離)を必要とします。

(この表は有限会社 ダイカイ様のHPよりお借りしました。問題がありましたら削除します。)

この停止距離を常に頭にインプットしておき、危険が発生した場合でも、安全に停止できるような車間距離、速度で運転をする必要があります。

運転手が脇見や漫然運転、過労運転など危険を認知して判断するまでには、どうしても時間がかかるので、空走距離は長くなります。

たとえば1秒間脇見をした場合、時速40キロの場合は11メートル、時速60キロでは17メートルも走行してしまいます。もしこの距離の間に人間がいたらノーブレーキで人を撥ねることになるのです。恐ろしい・・・・

(この表は有限会社 ダイカイ様のHPよりお借りしました。問題がありましたら削除します。)

路面が雨にぬれ、タイヤが磨り減っている場合の停止距離は、乾燥した路面でタイヤの状態が良い場合に比べて2倍程度伸びることもあります。

停止距離を把握しておくことは、安全運転の第一歩です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転を考える

Copyright© トラックドライバー日報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.