トラックドライバー日報 プロドライバー日常の思いや気付き、安全運転の基礎知識。

トラックドライバー日報

安全運転を考える

右左折時の注意事項

投稿日:

右左折時の注意事項

このページでは主に、左折の巻き込み事故防止と、交差点での右折のポイント事例を解説します。

教習所では、耳にタコができるほど、交差点での左折時は歩行者・バイクの巻き込みに注意しろと説明されましたよね。これ、おっしゃる通りです。

左折時はできるだけ左に寄り、歩行者やバイクの進入を防ぎ、しっかり減速して交差点をクリアするわけですが、このように巻き込み防止処置を取り、左側から進入する歩行者を確認し、しっかり減速して交差点に進入したにもかかわらず、いないと確認した歩行者がすぐ近くにいて、びっくりした経験はありませんか?

私は、運転していて時々そのようなことがありました。この原因わかりますか?
そうです、あらゆる障害物と自動車の意外な死角によるためです。教習所の交差点では障害物はありませんし、路上教習でもそこまで頭が回らないでしょう。

実際の交差点では、交差点の左折付近に駐車している車や(東京の駅前繁華街などではタクシーなどが二重駐車している場合もある。)、歩道の背の高い植え込み、サイドミラー・ルームミラーに映らない部分(死角)、ピラーにより歩行者が死角になる、などなど危険がいっぱい。

とくに私が注意しているのは、サイドミラーに映らない部分(死角)とピラーの死角です。

※ピラーとは、ドライバーから見て斜め前方に位置する、フロントガラスを支える左右の柱のことです。

これらの死角を回避するには、左折する前の直進道路を走行しているときから、歩行者、自転車、バイクの位置確認をすることと、減速して、しっかり左斜め後ろを目視して確認する必要があります。場合によっては一時停止も必要でしょう。

また歩行者専用横断信号付き交差点での左折時に注意したいのが、交差点の信号は青ですが、歩行者専用横断信号が赤(歩行者専用横断信号のほうが早く赤になる)で歩行者の横断がないと思い込み左折するときです。

せっかちな歩行者などは交差点の信号は青なので、歩行者専用横断信号が赤でも、それを無視して渡ろうとする人もなかにはいますので、細心の注意が必要です。ミラーと目視の併用で安全確認をする必要があります。

死角部分

画像は交通安全総合ネットワーク「Cross Road」さんよりお借りしています。

交差点での右折ですが、これ意外と苦手な方は多くないですか?

とくに自分が右折車線の先頭に立ち、後続車が後ろにズラッと並んでいるときなど、焦ってしまいますよね。なかには早く右折しろと煽るような輩もいます。

よく右折車線の車が、信号が赤にもかかわらず信号を無視して右折していくのを見かけませんか?あの行為は非常に急いでいる場合もあるのでしょうが、あの行為の半分くらいの人は、自分が右折車線の先頭に立つのを嫌って、信号を無視して右折していくと、私は考えています。

交差点での右折ポイントはまず焦らないこと。これは非常に大事で自分の後ろの後続車のことばかり気にして、歩行者の確認を忘れ無理に右折し、右折は完了したがそこには歩行者がいて、歩行者と接触事故を起こしてしまうことになっては大変です。

近年では、この右折時の歩行者との接触事故は非常に多く侮れません。

右折時は対向車、その後続車、道路の向こうの歩行者、自分の後ろにいる右折順番待ちの後続車のことなど、いろいろ配慮しなければならなく大変です。

右折時の対向車との距離感覚は人それぞれで、短い距離感覚で右折できる人、長い距離感覚で右折する人さまざまです。

とにかく注意したいのが道路向こうにいる歩行者の存在。右折するときは不在な歩行者も、右折している途中に飛び出してくる可能性もあります。このとき、飛出した歩行者をひかないようにブレーキを踏んだら、今度は対向車と接触する可能性があります。

対向車とのタイミングがなかなか合わず、右折に時間がかかりそうな場合は、信号の変わり目まで腰を落として待つことです。できないものはできませんから(笑)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-安全運転を考える

Copyright© トラックドライバー日報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.